JIRO'S の想い

ご挨拶

父がジローズを開店したのが今から7年ほど前のことです。
開店当初は、店の雰囲気は真っ新で何とも無機質なものでした。
それが今では、深みあるジローズの色、雰囲気がございます。
これはお客様によって生まれたもので、ジローズがここまで成長できたのもお客様の温かなご指導、ご支援のおかげです。

2019年3月より、娘の自分が店の経営を継承させていただくことになりました。

父の想い「車椅子になっても楽しめる伊豆高原」は、これからもジローズの大切なコンセプトです。
車椅子生活が長かった母は天国に旅立つまで、父の夢の実現を後押しし、陰ながら応援しておりました。
なので、これは父の想い=母の想いでもあります。
被介護者、障害者であっても、誰もが楽しい時間が過ごせるバリアフリーの場所でありたいと思います。

これからは昼のカフェ営業にも力を入れていきます。
「音楽と軽いお食事と美味しいお酒が楽しめる居心地のいいカフェバー」として皆さまのくつろぎの場、憩いの場となるよう努めてまいります。

ジローズはこれからもお客様に素晴らしい音楽をお楽しみいただけるライブを随時開催していきます。
音楽の多様性を積極的に模索し、若い方々にも足を運んでいただけるような魅力的なライブ、イベントも開催できたらと思います。

ジローズはまだまだ発展途中です。さらなる成長と皆さまのご期待に添えるよう専心努力いたします。
どうか末永くご贔屓くださいますようお願い申し上げます。

ジローズ店主 中川織恵